ビジネスマンのストレスを和らげるのは、カカオにこだわったビターチョコレート。

勤務中におやつを食べるビジネスマンは9割

2006年に江崎グリコがビジネスマン1000人に対しておやつに関する調査を行った結果では、勤務時間中におやつを食べる男性ビジネスマンは約9割に達していました。
(出典:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/08/news091.html)

中でも、最も食べられているのは「チョコレート」。 チョコレートを食べる理由は「疲れを取りたいから」がトップ。 また、ビジネスマンがおやつに期待する機能・効果ベスト3がこちらです。

1位「ストレスが軽減できるおやつがあれば購入する」(55.2%)
2位「目覚まし効果があれば購入する」(44.0%)
3位「カロリーが低い」(38.7%)

おやつを食べることでストレス緩和を求めているビジネスマンが多いことがわかりました。
食べる頻度は、ビジネスマンの5割以上が週に2〜3 回以上食べており、勤務時間中に社内で食べるおやつとしては、1位「チョコレート」(62.2%)、2位「せんべい」(49.1%)、3位「クッキー・ビスケット」(46.4%)という結果に。 チョコレートは女性だけでなく、男性にとってもマストアイテムのようです。 実際に、チョコレートはビジネスマンにとってメリットがたくさんあります。

チョコレートがビジネスマンにオススメの理由3つ

1. カカオに含まれるポリフェノールがストレスを軽減

カカオに含まれるポリフェノールには、ストレスを軽減する効果があると言われています。
ポリフェノールは、ストレスによって増えてしまったホルモン分泌を抑える効果があります。 体や心がストレスを感じることで副腎皮質ホルモンが分泌されますが、ホルモン分泌、分解する過程で活性酸素が発生します。
この活性酸素を分解するのがポリフェノールであり、それによって副腎皮質ホルモンの異常分泌を抑える効果につながっていきます。

ビジネスマンとチョコレート

2. 集中力・記憶力を高める

濃厚で甘い香りを放つチョコレート。
チョコレート特有の香気成分は、中枢神経系に作用して集中度を向上させる作用が認められています。
また、カカオに含まれるテオブロミンという成分が、大脳を刺激し集中力や記憶力を高めるという作用があります。
大切な会議の前や集中力が切れてしまったときは、チョコレート15~20g程度食べましょう。
食べすぎると眠気を誘う原因になりますので気をつけましょう。

ビジネスマンとチョコレート

ガレーチョコレート、ミニバーは1本12gですので、ちょうどいいですね。

3. 動脈硬化のリスク低減

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、動脈硬化のリスクを下げる効果が認められています。
(出典:http://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/news/research_final.html)

ポリフェノールには血液をサラサラにする、血管内の炎症を軽減する等の働きがあり、血管をしなやかにすることで、動脈硬化を防ぐことにつながります。多忙なビジネスマンは、お酒、ストレス、喫煙等で血管を傷めやすい傾向にありますので、高カカオのチョコレートを適量食べると良いでしょう。
オススメは、ガレーの高カカオチョコレート。

ビジネスマンとチョコレート

カカオ含有量が70%以上のチョコレートは、砂糖や乳成分がおさえられており、
カカオに含まれるポリフェノールやミネラル量が多いのが特徴です。




ビジネスマンとチョコレート

厳選したカカオで作ったこだわりのチョコレート。
衣食住にこだわる男性なら、きっと違いを感じることでしょう。
ビジネスマンの健康を支えるアイテムとして、コーヒータイムのお供に加えてみてはいかがでしょうか。