Jean Galler - ジャン ガレー

パティシエだった祖父の影響を受け、子供の頃からお菓子作りを手伝い、16歳でチョコレート作りを始めました。チョコレート作りこそが自分の人生だと確信したジャン・ガレーは、スイスのバーゼル、パリのガストン・ルノートルの元で修業しました。

1976年、21歳の若さでベルギー・リエージュにショコラティエとして独立し、「ガレー」を創業します。 チョコレートの3大国、ベルギー、フランスそしてスイスでの経験を活かし、伝統を守りながらも革新的で創造的なショコラティエとして、ベルギーチョコレートを語る上で欠かせないショコラティエの一人です。

ガレーの歴史

ガレーの歴史

チョコ

チョコレートへの情熱・こだわり

創業当時と変わらないチョコレートへの情熱を持ち続け、常に良質なチョコレートを作り続けています。素材にこだわり、カカオ、カカオバター、天然バニラ、フレッシュなラズベリーなど、すべて厳選した素材のみを使用しています。伝統的なベルギーのレシピを守りながら、進化し続け、新しいレシピだけではなくパッケージデザインにもこだわり、革新的なチョコレートを提供し続けています。

創造性

チョコレートといえばダークチョコレートという固定観念を捨て、ミルクチョコレートそしてホワイトチョコレートを使ったレシピにもこだわっています。
天然素材のみを使用したバーチョコレートやミニバーチョコレートは、レシピだけでなくカラフルなパッケージも特徴的です。ラズベリータブレットはホワイトチョコレートと酸味が絶妙なバランスで、繊細な甘みがチョコレート愛好家には高評価を受けています。

1993年に70%のダークチョコレートを作り、一早く多様な素材(フローラル系、海藻、岩塩、スパイス、ペッパー、唐辛子)とチョコレートを組み合わせた独創的レシピを開発しました。

チョコバー

ミッション

一人で、友達と、家族と恋人といろんな場面でチョコレートを味わうことで、美味で楽しい時間を過ごし、幸せな気分になってもらいたいという想いがあります。そのため日々のレシピ開発に励み、様々な場面に合う様々なフレーバーを探求しています。

環境への配慮

環境に優しく、厳選された素材のみを使用しているほか、フェアトレードにも参加し、アフリカのカカオ農家をサポートする「ココア・ホライズン財団」プログラムにも参加しています。

「ココア・ホライズン財団」とは:環境に優しく、環境を守るカカオ作りと、現地のより良い労働環境、医療システム、教育システム、食料などをサポートするプログラムです。

Galler throughout the world