ガレーのチョコレート、最高に美味しい「食べるタイミング」はいつ頃?


私たちの心をとろけさせ、幸せな気持ちにしてくれる甘美スイーツ、チョコレート。 しかし、保存方法を間違えるとその美味しさは激減してしまいます。

急激な温度変化は絶対NG!

チョコレートは、急激な変化にとても弱い食べ物です。 特に、高温多湿での保存は厳禁です。 理想の保存場所は、直射日光が当たらなく、湿気の少ない涼しいところが適しています。 チョコレートが最も嫌うのが、みなさんもご存じのとおり「急激な温度変化」です。 極端に暑いだけでなく、極端に寒い場所もNGです。 チョコレートは通年で販売されていますが、新商品が出るのは夏より冬場が多い理由は、 高温多湿に弱いこと、また、冬にはチョコレートを食べる機会が多いことが挙げられるでしょう。

極上のチョコレートを、最高タイミングで味わいたい。

チョコレートを食べる時、最もおいしいタイミングはいつなのでしょう? ガレージャパンの広報の方に伺ってみたところ、下記の回答を頂きました。

「ガレーはチョコレートの保管温度は、16℃前後が最適としています。 食べる際の適温は、真夏を除いてはいわゆる常温が適切です。 あとは、食べる方のお好みだと思いますよ。」

ガレーのチョコレートは、16度前後が理想とのこと。 東京の気温でいえば、4月中旬から5月上旬、そして10月中旬から11月上旬ぐらいがこの時期に該当します。 また、市販のチョコレートでも、
・タブレット(板チョコ)は20度以下
・ボンボンショコラ(中にクリームやジュレが入った一口チョコ)は15度以下
と、チョコレートの形状や味によって適温は少し変わってきます。 また、生チョコレートのように「要冷蔵」の商品もあるため、保存方法についてはチョコレートごとにしっかり確認しましょう。

チョコレートが溶けてしまった!そんなときはこの食べ方を!

ガレーのチョコレート、最高に美味しい「食べるタイミング」は16度前後ですが、 つい暖房が効きすぎてしまった部屋に置いておき、うっかり溶かしてしまった・・・ そんなときでも、心配ご無用!溶けてしまったチョコレートを美味しく食べる方法があります。
それは、ホットミルクor豆乳に入れて溶かして飲む方法です!


28度以上での扱いが厳禁のチョコレートですが、あえて溶かして楽しめるのが「ホットチョコレート」。 まろやかなミルクや豆乳の甘みとチョコレートの濃厚さが、織り成す味わいは格別です。 また、ダークチョコレートの場合はカレーやビーフシチューに入れて、料理の隠し味として使うのも良いでしょう。



ショコラティエが丹精込めて作り上げたチョコレート。
是非、一番おいしいタイミングで味わってみて下さいね!