ガレーのショコラティエ公認!ビール×チョコレート、魅惑のペアリング!


2018年2月5日、東京都千代田区のベルギー大使館にてガレーのレセプションが開催され、ガレーのチョコレートとベルギービールを合わせるペアリングキットの情報がリリースされました。 「え?ビールとチョコレートを一緒に食べるの?」と思った方もいるはず。 しかし、これがとっても美味しい組み合わせだったんです・・・!(詳細は後ほど!) 今回は一足お先に「ビール×チョコレート」のペアリングを味わってきました!

ガレーのショコラティエ直伝!ビールとチョコレートの美味しいペアリング方法

今回のイベントでは、ガレーの右腕とも言われるショコラティエ、ロイック・デーメン氏がビール×チョコレートの最もおいしいペアリング方法について教えてくださいました。

(写真向かって右:ロイック氏 )

初めに、少量のビールを、口をゆすぐように含んでください。 次に、チョコレートを一口かじり、口の中で溶かすようにゆっくり味わいます。 そしてまたビールを入れて、口の中に残ったチョコレートを溶かすようにして食べる。 この繰り返しによって、チョコレートとビールのペアリングがより一層味わい深いものになるのです。(ロイック氏)

これが、すべてのビールとチョコレートに共通するもっとも美味しい食べ方なんだとか! 口をゆすぐようにビールを飲むという発想には驚きですね!なんと贅沢なことでしょう。 しかし、このようにビール、チョコレート、ビールと、少量ずつを口に含んですべてを混ぜるように味わうことで、それぞれの持っている苦み、酸味、などの五味に加えて、スパイスや果実の独特のフレーバーをしっかり感じることができるそうです。
さっそく、3種類のビール×チョコレートのペアリングを楽しんでみましょう!

1. ヒューガルデン ホワイト × ピスタッシュ フレッシュ


ヒューガルデン ホワイト:オレンジピールとコリアンダーシードを組み合わせた、フルーティーで爽やかな酸味も感じるビール。
ピスタッシュ フレッシュ:ピスタチオフィリングを包み込んだホワイトチョコレート。

ダークチョコレート比べて、甘さが強いピスタッシュフレッシュ。 ヒューガルデンの強い酸味と甘さが、ピスタチオフィリングとホワイトチョコレートの甘みが、とてもよく合います。また、ヒューガルデンは、オレンジピールやコリアンダーなどのスパイスが香るビールで、ピスタチオと絶妙なバランスで混ざり合い、鼻を抜ける時には爽やかな香りを感じます。

2. レフ ブロンド × レ クルスティヨン


レフ ブロンド:苦味、旨味、酸味がバランスよく調和したビールで、飲んだ後にはバナナの香りを感じるビールです。
レ クルスティヨン:クリスピープラリネが入ったミルクチョコレート。

レフブロンドのスパイシーな味わいと、クルスティヨンのヘーゼルナッツプラリネの食感が口の中でお互いに重なって、新しい味わいが生まれるイメージです。 さらに、クルスティヨンのキャラメルの甘みと、ビールの苦み・酸味も程よくマッチします。

3. レフ ブラウン × カフェ リエジョワ


レフ ブラウン:やや赤みがかったダークブラウンのビール。チョコレート、干しぶどう、カラメル、シナモンのような香りがあり、麦芽の香ばしい匂いと、フルーティーな甘味が心地よい味わいです。
カフェ リエジョワ:風味豊かなコーヒームースを、ほろ苦いダークチョコレートでコーティングした、コーヒー好きにはたまらない大人テイストの味。

苦みが強いレフ・ブラウンと、コーヒーの味わいが強いリエジョワが組み合わさると、エスプレッソのような味わいに。また、85%のダークチョコレートを味わっているかのような苦みを感じる組み合わせです。

ビール×チョコレートのペアリングセットは、2月中旬から販売!

今回、ペアリングイベントで味わった組み合わせのビールとチョコレートは、2月中旬より販売開始。 販売予定価格は2,000円(税別)です。 フライドポテトやチキンとの組み合わせが美味しいビールですが、チョコレートとの相性も抜群! ガレーの豊富なフレーバーとビールを組み合わせれば、自分だけのペアリングを見つけることができそうですね!