贅沢すぎる!?ガレーのチョコレートを使った「ちょい足しレシピ」


チョコレートは、そのまま食べても美味しいですが料理の隠し味としても優秀な食材であることをご存知でしょうか? ほんの少し料理に加えるだけで、コクや深みが出ると言われているんです。 ガレーのチョコレートで料理に使うなら、タブレットシリーズ。 特に、ハイカカオのこちらの3種類がオススメです。




美容効果の高いハイカカオチョコレート。 そのまま食べても美味しいチョコレートですが、料理に少し加えることで味に深みが加わるんです。

定番!ちょい足しするなら、まずはこの3メニュー



1. カレーライス
スパイスを複合的に使用するカレーにチョコレートは最高の組み合わせです。 ルーを入れて煮込むとき、カレー4人分に対して2〜3かけほど入れればOK。 ドライカレーであれば素材を炒めて馴染んできたときにチョコレートを3カケほど入れるだけ! たくさん入れすぎると、隠し味にならなくなってしまうので少しだけいれてみましょう。カレーにコクがでますよ。

2. ビーフシチュー
カレーライスと同様、相性抜群なのがビーフシチュー。 溶かすだけで味がマイルドになります。使う量はお好みですが、目安は1〜2かけ。 甘めのビーフシチューが好きな方は、タブレットシリーズのミルクを加えてもいいでしょう。 ただし、量は少なめに。



3. ハンバーグ(ソース)
ハンバーグに欠かせないのが、ソース。ハンバーグのソースを作る時、最も簡単なのがハンバーグを焼いたフライパンに、ケチャップとソースを加えて煮詰めるレシピです。そこに、ビターチョコレートと赤ワインを加えると、ソースにコクが増して、レストランで食べるハンバーグソースのように奥深い味わいになります。オススメはオレンジチョコレートです。



普段はおやつとして楽しむチョコレートですが、食べきれずに残してしまうこともありますよね。 そんな「ちょっと余ってしまったひとかけら」を、是非料理に活用してみてくださいね。 いつもと違う味を楽しむことができますよ!