イースターにチョコレートを食べる理由とは?

present

イースターとは?

イースターとはキリストの復活を祝う「復活祭」。キリスト教徒にとっては、イエス・キリストの誕生を祝福するクリスマスよりも、イースターの方が奇跡の日として大切なお祭りとされています。 イースターという名前は、北方神話の春の女神である「Eostre(エオストレ)」に由来していると言われています。 寒さ厳しい冬の時期を過ぎ、緑が芽吹き、たくさんの命が繁殖する春の時期への移り変わりが、十字架に架けられ死んだ後に復活したイエス・キリストのイメージと重なり、統合されたと言われています。 ちょうどイースターをお祝いする季節が、新緑まぶしい春の時期と重なるので、春の訪れを喜びお祝いするという意味合いも持ちます。 日本では馴染みの薄い「イースター」ですが、イースターの時期になるとバレンタインやホワイトデーとは違う「卵」や「うさぎ」のデザインのチョコレートが登場します。

卵やうさぎは、生命の象徴

生命の復活の象徴である卵(イースターエッグ)を飾り付け、卵やウサギ、ニワトリの形のチョコレートで春の訪れを祝ったりする習慣があるイースターのお祭り。 もともとは卵を食べていたそうですが、18世紀ごろに卵の中身を出して空っぽにして、その中にチョコレートを詰めるというアイデアが登場。やがて1830年代には金型が登場し、カカオペーストを扱う新しい技術と相まってすべてチョコレートでできた卵が広まったという説があります。

卵と言えば、ガレーのエッグコレクション!

present

イースターのお祭りの際では、子どもたちは庭や家の中に隠された卵の形のチョコレートを探し出す「エッグハント」を楽しみ、大人はチョコレート店の芸術的な卵型チョコレートのオブジェをプレゼントに利用するのが一般的となりました。日本の一般家庭では、まだそこまで進行していませんが、イースターの時期には魅力的なチョコレートやスイーツがたくさん登場します。 ガレーのエッグコレクションも、イースターのギフトとしてピッタリです。

present

どんなイベントでも、もらうと心がウキウキしてしまうのがチョコレート。 この機会に、家族や友人、恋人同士でチョコレートを楽しんでみてはいかがでしょうか。