甘党男子に聞いた!ガレーのミニバー「お気に入りベスト3」



ガレーのミニバーは、その見た目のカラフルさから「メイクボックスみたい」と女性からの人気が高いですが、実は甘党男子にも定評があるチョコレート。黒を基調としたパッケージは高級感があり、上司や彼氏へのプレゼントにピッタリですよね。


ガレーのミニバーで定番と言えばこちらの12個入り。

6種類のフレーバーが楽しめるこちらの詰め合わせは、ガレーチョコレートのフラッグシップ商品。
今回甘党男子6人にガレーチョコレート「ミニバー」を実食して頂き、お気に入りのフレーバーを選んでもらいました!

20〜30代の甘党男子に聞いた!お気に入りのフレーバーベスト3

今回チョコレートを食べてもらったのは、20代前半〜30代前半の男性6名。
普段から甘いものは食べるほうで、特に仕事の合間の休憩時間にチョコレートを食べることが多いんだとか。
さっそく結果を見てみましょう!

第1位:ピスタッシュ

堂々の第1位は、ピスタッシュ。6人中5人が1位に選びました。 ピスタッシュは、ピスタチオフィリングを包んだホワイトチョコレート。 ピスタチオ独特のナッツの味が、 ホワイトチョコに溶け込んだマイルドな味わいです。
選んだ理由を聞いてみると・・・

「ピスタチオってどことなく抹茶のような味わいがありませんか?抹茶が好きなので、風味がとても気に入りました。
ホワイトチョコレートとピスタチオの組み合わせ、最強ですね。(IT関係/25歳)

「疲れた時に、この甘さは染みる。うまい。」(サービス業/29歳)

「甘党なら、ホワイトチョコレート!ピスタチオの食感もたまらん。」(営業/24歳)

「今まで食べたピスタチオチョコレート中で、一番おいしい!」(飲食関係/32歳)

「6種類の中で1番甘さを感じる!甘いチョコレートを食べたいときは、コレがいい!」(マスコミ関係/28歳)


等々、甘党男子の心を鷲掴みにしたピスタッシュ。 ホワイトチョコレートはミルクチョコレートと違い、カカオマスが入っていない為カカオ独特の苦みが無いのが特徴。 疲れた時に食べたいのは「ちょっぴりビター」よりも「しっかり甘い」チョコレートのようです。

第2位:レ ピエモンテ

続いて人気が高かったのが「レ ピエモンテ」。ピエモンテ産ヘーゼルナッツを使用したプラリネクランチをミルクチョコで包んだ、 ナッツの風味漂う香ばしい味わいが特徴です。

「ミルクチョコレートとナッツの風味が心地いい。」(営業/24歳)

「ホワイトチョコレートもいいけど、このミルクとナッツの組み合わせもいい!」(マスコミ関係/33歳)

「ナッツの風味がしっかり感じられるのがいいですね。」(飲食関係/32歳)

「安定のミルクチョコレート!甘くて美味しいですね。」(サービス業/29歳)


ホワイトチョコレートとはまた一味違った甘さが特徴的なこちらのフレーバー。慣れ親しんだミルクチョコレートとヘーゼルナッツの組み合わせは、コンビニでは味わえないオトナの甘さが2位にランクイン。

第3位:レ・クルスティヨン

そして、6人中3人が3位に選んだこちらのフレーバー。 ポイントは、クリスピープラリネ。パリパリ、サクサクの食感のプラリネが楽しめるミルクチョコレートです。


「サクサクした食感が、いいですね!休憩時間に味わいながら食べたくなる1本です。」(コンサル関係/31歳)

「食感がとにかく好きですね。クランチチョコレートとはまた違う歯触りが楽しい。」(飲食関係/32歳)

「ピスタッシュとレ・クルスティヨンは、セットで用意しておきたいですね!」(マスコミ関係/33歳)


6種類とも「美味しい!」とコメントを頂きましたが、特にお気に入りの3つを選んでもらった結果、 上位にランクインしたチョコレートに共通していたのは「甘さ」でした。
男性は、女性のように「美容のためにハイカカオチョコレート」ではなく、 疲れた時に「甘いチョコレートに癒されたい!」という理由でチョコレートを欲することが多いことからも、 このようなランキング結果になったのでしょう。
しっかり甘くて濃厚。1本食べれば満足する甘さ。 そんな男性の欲望を満足させるガレーのチョコレートを、あなたの身近な男性に贈ってみてはいかがでしょう?